渡り鳥のつぶやき >>

一時預かりの利用方法!料金や持ち物について。【感想あり】

この記事では「一時預かり(一時保育)」の利用手順をご紹介します。

「一時預かり」とは、保育施設が短時間子どもを預かるサービスです。

各施設の利用料金や持ち物、感想も書きました。
初めてお子さんを預ける方、複数の施設の利用をお考えの方におすすめの記事です。

こるり
こるり

「一時預かり」は意外といろんな場所で行われています。
でも、料金や特徴にけっこう違いがあるんですよね。
わが家では、幼稚園の入園まで5ヵ所ほど利用しました!

えんぴつ君
えんぴつ君

「一時預かり」を積極的に利用すべき理由は、前回詳しく書いたよ!
なかなか利用する勇気が出ないひとに読んでもらいたいな♪

 

「一時預かり」利用の流れ。預け先決定~お迎えまで。

STEP(1)預け先を決める

まず、子どもをどこに預けるか決めます。

主な預け先
  • 幼稚園・保育園・こども園
  • 子育て支援センター
  • ファミサポ・ベビーシッター

それぞれの違いについては後述します。

STEP(2)初回登録

預かってもらう場所を決めたら、「一時預かりをお願いします」と伝えましょう。
初回登録時には次のようなことを聞かれます。

登録内容(例)
  • 子供の名前、普段の呼び方
  • 年齢(月齢)
  • アレルギーはあるか
  • 性格について
  • 住所、保護者の連絡先

利用日時が決まっている場合は、この時に予約できます。そうでなければ後日あらためて連絡します。

こるり
こるり

このとき、疑問があればなんでも聞いてみましょう!
料金の支払い方法も確認しておくといいですね。

お迎えごとに支払い、月末にまとめ払いなど決まっているはずです。

STEP(3)日時の予約

予約内容
  • 利用日時
  • 利用時間(○時間、半日、一日)
  • 利用目的

利用目的は、通院、家事、美容室、リフレッシュなど、なんでもOKです。

ママたち
ママたち

夫婦でお出かけしたい。
たまった家事を片付けたい。
上の子を甘えさせたい。
とにかく休みたい!

と、周りのママさんたちは案外気軽に利用していました。

こるり
こるり

こんな理由で申請して、どう思われるだろう」と気にしなくて大丈夫!
 
今まで何度も利用しましたが、深く聞かれたり、責められたことはありません。
保育士さんは育児の大変さをわかってくれています!

STEP(4)子どもを預ける

予約当日に、子どもと荷物を預けます。
子どもの体調が悪い時は、決して無理せず、キャンセルして予約を取り直しましょう。

準備する物は年齢や預け先によって異なります。

持ち物(例)
  • 着替え
  • 下着(紙おむつ、おしりふき)
  • タオル(ガーゼ)
  • お弁当(ミルク)
  • 食事用エプロン
  • お昼寝用布団

料金は時間単位で計算されるため、後払いのところが多いです。

えんぴつ君
えんぴつ君

登録時にちゃんと教えてくれるよ!

こるり
こるり

おむつやおしりふきまで、全てに名前を書きましょう。
トイレのしにくさや危険防止のため、ワンピースやフード付きはNGと服の指定があることもあります。

STEP(5)お迎えと料金支払い

利用終了時間の少し前に、子どもを迎えに行きます。お迎えの時間を過ぎてしまうと、延長料金が発生するので気をつけてください。

荷物を受け取り、料金を支払って帰ります。

こるり
こるり

お子さんをしっかり抱きしめてあげましょう♪

保育中どのように過ごしていたかを、丁寧に教えてくれるところは好感が持てますね!

スポンサーリンク

一時預かり 施設ごとの特徴と、実際に預けてみた感想。

保育園・幼稚園・こども園による一時預かり

「一時保育 〇〇(自治体名)」で検索すると、施設の一覧が見つかります。

料金は、1時間200~700円、半日1000円、1日2000円程度。
公立私立で差があったり、自治体で統一しているところもあります。
一般的に低月齢・低年齢になるほど料金は高くなります。

待機児童が多いエリアでは予約が取りにくいことも…。
利用日直前は避け、なるべく早めに問い合わせましょう。

こるり
こるり

園庭開放へ行ったことがある幼稚園とこども園を利用しました。

お昼に給食(+300円)が頼める園で嬉しかったです。
連絡帳に「献立と食べた量」も記録してもらえました。

娘は私から離れた瞬間大泣きしましたが、お迎えの時には楽しそうに遊んでいてびっくり!

料金がほかより安いので、一番多く利用しました。
園の対応の良さも、その後の入園の決め手になりましたね。

えんぴつ君
えんぴつ君

そのうち通うことを考えると、下見にもなっていいね!

MEMO

保育園・幼稚園・こども園 = 料金が安い。入園前の下見や慣らし保育になる。

自治体の子育て支援センターによる一時預かり

地域の子育てセンター(児童館)で、一時預かりを受け入れているところもあります。

料金は、1時間200円~400円程度と比較的安め。
利用登録時に登録料(年100円程度)がかかることがあります。

こるり
こるり

市営の「子育て支援センター」を利用しました。

雨天やイベント時によく利用するセンターです。
娘がリラックスして遊ぶうちに、そっと離れられました。
午前中だけの利用でしたが、とても助かりました。

保育士さんが少ないせいか、受け入れ上限人数は少なめ。
給食はないので短時間利用する時にはいいなと感じました。

えんぴつ君
えんぴつ君

平日毎日開所していると、周りは小さい子がたくさん♪
行き慣れた場所は泣きにくいかもね!

MEMO

自治体の子育て支援センター = 料金が安い。オープンな雰囲気で利用しやすい。

スポンサーリンク

民営・NPO法人の子育て支援センターによる一時預かり

施設名で検索すると、HPに利用方法が掲載されていることがあります。
遊びに行ったときにパンフレットを貰ってもいいでしょう。

料金は、30分300円~350円程度とやや高め。
自治体と連携しているところは安く利用できます。

事前注文でお弁当を手配してくれたり、休日や夜間に預かってくれるところもあります。

こるり
こるり

民営の「子育て支援センター」に短時間預けたことがあります。

無料のリトミックイベントに行ったことがあり、預けやすかったです。
料金は少し高めでしたが、先生は優しく遊具もきれいでした。

ショッピングセンター内にあり、ついでにお買い物ができました。

えんぴつ君
えんぴつ君

自分ひとりだと、お買い物も効率よくできるね!

MEMO

民間・NPO法人の子育て支援センター = 料金はやや高め。自治体にないサービス有。

ファミサポ・ベビーシッターによる一時預かり

ファミサポとベビーシッターは「個人宅」で一時保育します。

ファミサポ(ファミリー・サポート・センター)は自治体が運営するものです。
利用会員は援助会員に子どもを預かってもらいます。
料金は、1時間700円~1000円程度。
自治体が半額程度の助成金を出してくれることもあるので、ぜひ調べてみましょう。

ベビーシッターの料金は、1時間1000円~4000円程度。
料金は高めですが、独自の割引があったり、各家庭に合わせた依頼ができます。

こるり
こるり

ファミサポの登録はしましたが、結局利用しませんでした。
留守中、家に上がってもらうのにちょっと抵抗があって…。
ベビーシッターさんも同じ理由で利用していません。

でも、友人は「上の子の送迎」を手伝ってもらって、とても助かったそうです!送迎だけでもありがたいですよね。

MEMO

ファミサポ・ベビーシッター = 料金は高め。個人のニーズに合わせた保育が可能。

まとめ まずは検索、利用登録からはじめよう! 

今回は「一時預かり」のサービス内容や料金に、様々な違いがあることをご紹介しました。
複数利用し、比較をすることで、自分と子どもにぴったりの場所がみつかることと思います。

前もって、預かってくれる施設をリストアップしておくと、いざという時にも安心ですね!

こるり
こるり

わが家では、幼稚園の慣らし保育を兼ねて、
毎週○曜日は一時預かりの日!」としていました。

親元を離れても子どもがパニックにならず、スムーズに入園できたので本当に良かったです。
週1のリフレッシュで、ストレス解消効果も抜群でした!

えんぴつ君
えんぴつ君

利用登録や問い合わせだけでも、行動してみよう!

ここからGoogle検索できます!

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました