渡り鳥のつぶやき >>

おいしいかき餅の食べ方レシピ【基本からアレンジまで】

この記事では、昔懐かしい米菓「かき餅」の食べ方をご紹介します。

こるり
こるり

最近見つけた、おすすめの食べ方も載せています。
手軽でおいしいのでぜひ試してみてください♪

かき餅ってどんなもの?

かき餅は、お餅を薄く切って干したものです。
地方によっては「こおりもち」とも呼ばれています。

水分が抜けているので保存がきき、焼くとおせんべい、揚げるとおかきのような食感になります。

もち米本来の素朴な味が楽しめるお菓子です。
青のり、ごま、豆などを練り込んだものもあります。

えんぴつ君
えんぴつ君

もとはお餅なので腹持ちがいいよ!

うちでは祖母がたくさん作っていて、毎年送ってくれます。
部屋いっぱいに、均等な厚さで切られたお餅が整然と並んでいる光景はとても美しいです。

今回はそんなかき餅のおいしい食べ方をご紹介します。

基本の食べ方

(1)焼く

かき餅をオーブントースターに並べて数分焼きます。
きつね色にこんがり焼けたらそのまま食べられます。

焦がさないように気をつけてください。食感は少し固めです。

(2)揚げる

かき餅をたっぷりの油でじっくり揚げます。(160~170度)
膨らんでこんがり色づいたら、しっかり油をきって食べます。

温度が低すぎるとうまく膨らまず、高すぎると中に芯が残ったまま焦げてしまいます。
食感はサクサクと軽いです。

こるり
こるり

手間はかかりますが美味しいです!

えんぴつ君
えんぴつ君

揚げるからカロリーは高め!

こるり
こるり

それは言わないで・・・

(3)レンジ

かき餅をお皿に4~5枚並べ、レンジで2分程度加熱(600wの場合)します。
膨らんでこんがり色づいたら食べられます。

個人的に一番のおすすめの食べ方です。
食感はサクサク軽めです。

えんぴつ君
えんぴつ君

油の処理がいらないし、揚げるよりヘルシーだね♪

スポンサーリンク

アレンジレシピ

ここからはアレンジレシピです。
いろいろ試してみた結果、以下のものが美味しかったです。

(1)昆布茶・梅昆布味

揚げたり、レンジで加熱したかき餅をビニール袋に入れます。
袋に昆布茶または梅昆布茶を入れ、よく振って全体にまぶします。

(2)カレー味

揚げたり、レンジで加熱したかき餅をビニール袋に入れます。
袋に塩少々とカレー粉を入れ、よく振って全体にまぶします。

(3)ぬれおかき風ソース味

揚げたり、レンジで加熱したかき餅をビニール袋に入れます。

袋にウスターソースを入れ、よく振って全体になじませます。
カレー粉を足してもおいしいです。

どれも熱いうちに味をなじませるのがコツです。
ビニール袋は以下ような耐熱のものがおすすめです。

こるり
こるり

耐熱でないビニール袋の場合は、かき餅を少し冷ましてから袋に入れてくださいね!

まとめ

かき餅の美味しい食べ方
  • 基本レシピ
    • 焼く
    • 揚げる
    • レンジ
  • アレンジレシピ
    • 昆布茶・梅昆布茶
    • カレー塩
    • ぬれおかき風ソース味

いかがでしたでしょうか。
かき餅はレンジを使うことによって、手軽においしく食べることができます。

おやつにお酒のおつまみに、ぜひお試しくださいね。

えんぴつ君
えんぴつ君

他に美味しい食べ方を見つけたら、
またご紹介します!

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました